再開にあたり

東京に来て数年経った頃、この文章を立ち上げた。

高校を出るまで近郊に住んでいてそれなりに東京を訪れる環境にあったが、いざ大人になり立場を違え、また人となりの余裕も出てきた中でこの風景に触れるのでは、一つ一つの印象も違う。

それなりに新鮮な気持ちも含めてここに記してきた景色を切り取ってきたが、それからまた10年以上が経ち、街の風景も変わる箇所も出てきた。

記述当時は建築中だった東京スカイツリーは言うまでもなく東京を代表する景色の一つとなり、書いてきた箇所でも無くなってしまったものもある。(斎藤投手はこのあとプロ野球に進んだものの….踏み込むのはやめておこう)
参加準備をしていた東京オリンピックは現時点で先行きな読めない。

なるほど10年とはそういう時間なのだと思う。

私自身も歳を重ね、環境も変わり、恐らくかつて見えていたものが見えなくなったり、逆に見えなかったものが見えるようになったものもあるだろう。

そんな自分自身の変化にも期待しながら、今一度この街を巡ってみたいと思う。

前回、最初の項を記したのは桜の季節にだった。
今回も同じように桜が咲き始めた季節に意を決することとなった。

何かを始めるのにはちょうど良いタイミングでもある。

以前よりもペースが遅々とするかもしれないが、たまに思い出した時にでもお寄りいただきたいと考えるのである。